シャドウバース:7月31日のメンテナンスで7枚のカードが弱体化(ナーフ)!

7月31日のメンテナンス以降、《トーヴ》《バフォメット》《昏き底より出でる者》《ゴブリンリーダー》《風の軍神・グリームニル》《ウロボロス》《スノーホワイトプリンセス》のカードのカード能力とコストの変更を実施するとアナウンスがあり話題になっています。

シャドウバース公式サイトより

変更の経緯
6月29日に第5弾カードパック「Wonderland Dreams / ワンダーランド・ドリームズ」が追加されてから、ランクマッチはヴァンパイアクラスの1強状態でした。特に、バトル序盤をニュートラル・フォロワーと《不思議の探求者・アリス》の組み合わせで戦い、中盤以降に《昏き底より出でる者》でフィニッシュするデッキ(以下『ニュートラルヴァンパイア』)は、高い使用率と勝率を占めています。7月上旬の高ランクユーザーの対戦データを集計したところ、『ニュートラルヴァンパイア』の使用率は38.1%と高く、56.0%の勝率と相まって、カードの変更によってこの問題へ対応をする必要がありました。

また、現在のヴァンパイアクラスには「先攻時の勝率が高く、後攻時と勝率の開きが大きい」という特有の問題があります。クラスやデッキタイプによって「先攻が得意」「後攻が得意」という特徴はありますが、その特徴がどちらかに偏りすぎると、先攻後攻というユーザーが選択できないランダムな要素で勝敗が決しやすくなり、望ましくないゲームバランスになってしまうと考えます。

現在のヴァンパイアクラスにおける問題は次の2点です。
1.『ニュートラルヴァンパイア』の使用率が高い
2.ヴァンパイアクラスは先攻時の勝率が高く、後攻時と勝率の開きが大きい

これらの問題に対応するために、下記3つの観点からカードを選び、変更を行います。

1.『ニュートラルヴァンパイア』にほぼ3枚編成されているカード
2.先攻時に、より有効に働く能力を持つカード
3.能力に対してコストが低いカード

 

ヴァンパイアクラスのブロンズレア《トーヴ》

シャドウバース/トーヴ
トーヴ

攻撃力、体力、能力を変更

攻撃力2(進化後4)
体力2(進化後4)
能力
「自分の場に他のニュートラル・フォロワーが出たとき、突進 を持つ。」
※進化前後で共通の能力を持ちます

ヴァンパイアクラスのシルバーレア《バフォメット》

シャドウバース/バフォメット
バフォメット

変更後

ファンファーレ

ヴァンパイア・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

ヴァンパイアクラスのレジェンド《昏き底より出でる者》

シャドウバース/昏き底より出でる者
昏き底より出でる者

能力を変更

潜伏
このフォロワーが潜伏 状態で攻撃したなら、相手のリーダーに5ダメージ。
ラストワード このフォロワーが潜伏 状態で破壊されたなら、相手のリーダーに5ダメージ。」
※進化前後で共通の能力を持ちます

ニュートラルクラスのブロンズレア《ゴブリンリーダー》

シャドウバース/ゴブリンリーダー
ゴブリンリーダー

コスト、攻撃力、体力を変更

コスト4
攻撃力2(進化後4)
体力3(進化後5)

これらの変更により、ヴァンパイアクラスのデッキの勝率や使用率は適正な状態になると考えています。しかしながら、そうなった場合、現時点でヴァンパイアクラスに抑え込まれているが他のクラスに対して有利なデッキが、相対的に強くなりすぎることを危惧しています。具体的には、序盤にPP最大値を増やす能力を使い、中盤から高コストのカードをプレイしていく、いわゆる「ランプ」戦術を使用したドラゴンクラスのデッキ(以下『ランプドラゴン』)です。

《風の軍神・グリームニル》と《ウロボロス》は、第4弾カードパック追加時の「Tier1(最上位のデッキ群)」の1つである『ランプドラゴン』における中心的なカードです。《風の軍神・グリームニル》は、6月29日メンテナンス時のカード能力とコストの変更の際、変更する候補に挙がっていました。今回の変更により『ニュートラルヴァンパイア』の使用率などが適正になると、再び《風の軍神・グリームニル》のエンハンス能力でバトルを決着させることが多くなると想定しています。そのため、守護や相手のフォロワーを対処する特性はそのままに、直接バトルを決着させる相手のリーダーへのダメージ能力を削除いたします。

《ウロボロス》は、繰り返しプレイできる「フィニッシャー(バトルを決着させるカード)」としてデザインされました。しかし、対戦相手が攻撃的なデッキの場合はリーダーを回復する能力が強力で、フィニッシャーという役割の他に攻撃的なデッキへの対策としても働いています。そのためフィニッシャーとしての特性はそのままに、攻撃的なデッキへの対策となる回復能力を削除することで、ゲーム環境の適正化につながると想定しています。

ニュートラルクラスのゴールドレア《風の軍神・グリームニル》

シャドウバース/グリームニル
グリームニル

進化前の能力を変更

守護
ファンファーレ エンハンス 10; 相手のフォロワーすべてに1ダメージ。これを4回行う。

ドラゴンクラスのレジェンド《ウロボロス》

シャドウバース/ウロボロス
ウロボロス

能力を変更

(進化前)
ファンファーレ 相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。
ラストワード ウロボロス1枚を手札に加える。
(進化後)
ラストワード ウロボロス1枚を手札に加える。

ヴァンパイアクラスのデッキの勝率や使用率が適正な状態になった場合、現時点で『ニュートラルヴァンパイア』に次ぐ2番手のデッキが相対的に強くなりすぎることも危惧しています。具体的には、《ヘヴンリーイージス》を中心としたビショップクラスのデッキ(以下『イージスビショップ』)です。前述した期間の対戦データにおいて、『イージスビショップ』の使用率は7.6%で第2位でした。

《スノーホワイトプリンセス》は、第5弾カードパック追加以降の『イージスビショップ』の活躍を支えているカードです。コスト2のフォロワーとしては非常に強力な能力を持っており、ヴァンパイアクラスにおけるコスト2の《トーヴ》の変更と同時に変更することが、ゲーム環境の適正化に必要だと考えています。

ビショップクラスのレジェンド《スノーホワイトプリンセス》

シャドウバース/スノーホワイトプリンセス
スノーホワイトプリンセス

進化後の体力を変更

進化後 体力2

 

 

ついにきたナーフ情報

ちょっと前のJCGシャドウバース大会で先行の勝率が90%って聞いてもうなんか凄いことになってるんだな

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here