オリーサは新ヒーローとしてリリースされ数週間、ライバル・プレイにおいてオリーサはタンクとしてどのくらい良い存在なのか?その質問に答えるために、我々は各段階(ブロンズ-> グランドマスター)のライバル・プレイごとの平均パフォーマンスを収集し、オリーサを他のタンクと比較しました。

オリーサをプレイしていない多くのプレイヤー達はこの結果にかなり驚くかもしれません。

オンファイアの平均値

オン・ファイアは、プレイヤーがどれくらい活躍しているかを判断するためにブリザードが使用する指標で、キルやアビリティの使用、目標物に時間をかけているとヒーローアイコンが燃えていきます。

データを見ると、オリーサのは他のタンクよりも少ないオンファイア状態だとわかる。

キルの平均値

エリミネーションは試合におけるキルの統計値。オリーサは1ゲーム当たり平均で20~25回の敵を倒しており、ラインハルトを除いた他の全てのタンクと比べて少ないことがわかる。

ただ、ラインハルトの主な役割は盾を張り続けることということを覚えておいて欲しい。ラインハルトはは盾を張っている間、ダメージを与えたり、キルすることも出来ない。

ではなぜ、オリーサは敵を倒すことが出来ないのか?

それは明確な答えは分からないがプレイヤーのスキルが少なくとも部分的に関係していると推測できる。オリーサのメイン射撃はゲーム中の他の射撃と異なり、弾速が遅い。しかし”ストップ!”は環境キルをすることができる。

オリーサはを使用するためのプレイヤースキルが高いのではないだろうか。

生存率の平均値

また、オリーサは他のタンクと比較して生存率にいくつかの問題があることが判明しました。1ゲームあたりの死亡数に関しては、オリーサはバリアがあり、ダメージを半減できるアビリティを持っているのに2番目に死にやすい。

オリーサは生存率に問題を抱えているのは明らかですが、アンカータンクとしてのチーム構成の重要な部分です。しかし、水曜日のアップデートで頭のヒットボックスが15%縮小しました。

数週間後、オリーサの生存率は改善するのかどうか見ものです。

ダメージ量の平均値

オリーサはタンクの中で最大のダメージを叩き出しています。これは、オリーサのメイン武器の恵まれたファイアレートや装弾数、更にはヘッドショット判定付きに距離で威力が減衰もしません。

弾の速度自体は遅いですが、オリーサは理論的には1秒あたり144ダメージを叩き出せます。

しかし、上記のデータではオリーサはキルすることには長けていません。じゃあこのダメージは一体…と考えられる説明は、オリーサの武器が主にバリアに使われているということです。

ロードホッグがシールドを破る役割もあるのでこの分析はある程度重要なものだとわかります。

シールド戦に勝利することは試合における重要な任務であるため、オリーサはそこで大きな有用性を持つように見えます。

ダメージブロックの平均値

ダメージブロックはタンクとして非常に重要な要素である。

データを見ると、2000HPを持つラインハルトのシールド比べてオリーサは同等レベルにダメージを防ぐことが可能だとわかります。

オリーサはシールドはクールダウンが非常に短いおかげで僅か900HPしかないシールドでもラインハルト並みのダメージブロックが可能で非常に価値あるものだとわかります。

オリーサは結局どうなの?

オリーサはタンクとしては良いデータを持っている。キル能力と生存率は劣っているが、ダメージブロックとダメージに関してはトップクラスです。

そして、素晴らしいニュースとしてプレイヤーはオリーサの最善の使い方を研究している最中であること。プレイヤーの質が上がれば、オリーサの強さも向上するだろう。

オリーサはライバル・プレイにて使うことができるヒーローであるように見える。

情報元:omnicmeta

 

 

 

ラインハルトとオリーサのダメージブロックは同等といっても

結局、ラインハルトのアースシャターを防ぐにはラインハルトのシールドが欲しいので

敵にラインハルトがいるのに味方にはオリーサしか盾がいないって状況は非常に悪い。

ラインハルトとオリーサのペアは非常に相性はいいと思うけど、敵にトレーサーとゲンジがいると分が悪い。

そうなるとオリーサは3タンク構成でしか活躍できないんじゃないかな。

 

 

2 コメント

  1. やっぱりオリーサはハルトと一緒に運用するのが一番いいんだろうね
    ハルトと一緒に戦って、相手のハルトの盾をより早く破壊する

  2. ラインハルトに代わるメインタンクとは一体なんだったのか
    そろそろハルト修正してもいい頃合いですよ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here