PTRのバランス調整によりバスティオンは “Ironclad”と呼ばれる新しいパッシブ能力を獲得しました。これは、セントリーモードまたはタンクモードで35%のダメージを軽減します。

それに生まれ変わった自己修復と組み合わさるとどのくらい強いのかを検証した結果が海外で話題に。

セントリーモード+自己修復で耐えること可能なアビリティ

  • リーパーのデスブロッサム(ULT)
  • リーパーのショットガン全弾発射(8発)
  • ファラのロケット全弾発射(6発)
  • トールビョーンのレベル2タレットで倒すことは不可能
  • トールビョーンのレベル3タレットなら可能(自己修復が切れるまで)
  • シンメトラのビームは自己修復はなくなるまで0ダメージ
  • シンメトラのタレット(6)も不可
  • ゲンジの龍撃剣(ULT)
  • ソルジャー76の全弾発射+ロケット
  • トレーサーのパルスピストルは自己修復が切れるまで耐えきる
  • トレーサーのパルスボム(ULT)
  • マクリーのデッドアイ(ULT)の円が消えた瞬間に発射(バスティオンのHPは60残ります)
  • 100%ザリアのビーム全弾発射
  • ジャンクラットのグレラン全弾発射

耐えることがが出来ないアビリティ

  • ファラのバレッジ(ULT)
  • ロードホッグのホール・ホッグ(ULT)
  • ソルジャー76のULT(全弾発射×2+ロケット)
  • バスティオンのセントリー/タンクモード
  • マクリーのデッドアイ(ULT)
  • ロードホッグのフッグ(セントリーモードが強制解除されるため)
  • ラインハルトのチャージ(セントリーモードが強制解除されるため)
  • D.VAの自爆(ULT)
  • トレーサーのパルスボム(ULT)+全弾発射
  • ヘッドショット
  • ハンゾーの龍撃破(ULT)

バスティオンの自己修復は最大4秒75HP/秒で回復し、中断されない上に移動可能。

“Ironclad”のパッシブと合わせると実質107 HP/秒の回復量

これは流石に強すぎなんじゃないのと海外のファンが議論し合ってますが、メイのクリオフリーズ、ゲンジの木の葉返し、レイスフォームなど無敵化したり、反射したりと他のキャラだって色々と出来るんだからこの仕様は別にいいんじゃないの?という意見もあります。

情報元:reddit.com

 

 

とはいえアナのナノブーストを受けたバスティオンの検証動画を見てみよう

ジャガーノットの化したバスティオン。これはアカン

 

 

 

2 コメント

  1. まあ、過去の調整ポリシー通りでしょ
    強化はわざとやり過ぎにして、不満を吐き出させてからNurf。不満の内容から何処を弱らせるか決めてる風情すらある。
    ザリアもDivaも豚もこの流れでやってる。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here