スポンサーリンク

【オーバーウォッチ】11月9日更新:ソンブラの詳細データや立ち回りなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『オーバーウォッチ』に登場するヒーロー「ソンブラ」の解説ページ。

スポンサーリンク

ソンブラのデータ

プロフィール
ストーリー
アビリティ
スキン一覧
ビクトリー・ポーズ

アビリティ詳細

オポチュニスト

パッシブ

瀕死の敵を壁越しで探知する。

マシンピストル

操作 クリック / R2

ソンブラ マシンピストル タイプ  マシンピストル
 ダメージ  8  – ?
 距離減衰  ? – ? m
 連射速度  20 rps
装弾数  60 発
リロード  1.5 秒
 ヘッドショット  可能

近距離用のオートマチック小銃。

非常に拡散しやすい銃なので距離が離れるにつれ胴体撃ちにした方が拡散した弾が頭に当たりダメージがあがる。

25 m以内であれば、200組を胴体撃ちで倒せるほどオフェンスに恥じない攻撃力を持っている。

ハック

操作 右クリック / L2

ソンブラ ハック タイプ  [単]ハッキング
射程距離  10 m
動作時間  1 秒
効果時間 アビリティ: 6 秒
HP/ULTバー確認: 30 秒
ライフパック: 60 秒
タレット: 10 秒
 クールダウン  12 秒

敵をハックし、一時的にアビリティの使用を阻止させ、一定時間ハックした対象のHPとやULT有無を確認することができる。ライフ・パックをハックした場合、再出現するまでの時間を短縮し、敵はそのライフ・パックを使用できなくなる。ハック完了前にダメージを受けるとキャンセルされる。

ハッキング対象は敵とライフパック、タレットのみでパルスボムやテレポーターにはハックをすることはできません。

タレットのハックは動作中にダメージを受けるとハックがキャンセルされるので、味方がタレットのダメージを受けている状態でないとハッキングできません。正直、滅多に出来ない

アビリティの使用不可はあくまでアビリティとULTのみ

壁走りや2段ジャンプなどのパッシブスキルは使用不可にならず、ゲンジの3連手裏剣、3way手裏剣やメイのつらら、マクリーのファニングなどの武器に関しても使用不可になりません。

基本的に

ULTとアビリティは使用不可にできますが、メイン武器やパッシブには適用しないと覚えときましょう。

ハックはダメージを受けるとキャンセルされる以外にも、バリアや盾で防ぐことも可能。

ラインハルトをハックしてる1秒の間にソンブラに向かって盾を構えるとハックが解除されるのですが、

ラインハルト/ハック

ラインハルト/ハック

例え後ろからハックされても、ハック完了される前に盾を構えながら振り向けばハックをキャンセルできます。(ソンブラ対策にハイセンシは必須かもしれませんね)

また、ラインハルトがチャージ中にハックを受けた場合、ハック完了後に動きを止める。

  • ハックした対象は壁越しでも視認可能
  • ハッキングしながら移動は可能
  • ファラのジャンプやマーシーの浮遊、ハンゾーの壁登りなどのパッシブアビリティは使用停止にはならない
  • ヘルスパックにハックした場合、60秒間敵はそのヘルスパックを取得できなくなる。

光学迷彩

操作 Shift / L1

 ソンブラ 光学迷彩 タイプ  ステルス
移動速度  ?
効果時間  6 秒
 クールダウン  6 秒

発動時にソンブラが透明状態になり、その間は移動速度が上昇する。発動中に攻撃あるいはアビリティを使用した場合、さらにダメージを受けた場合は透明化が解除される。

  • 透明化の効果時間が終わった際にクールダウンが発生
  • 透明化中のソンブラにマーシーの接続ビームをするとビームが表示される。
  • ゼニヤッタのオーブは表示されない
  • ザリアのバリアは表示される
  • ハンゾーやウィドウメイカーのウォールハックで視認可能。
  • 透明化中はタレットから標的にならない。

 トランズロケーター

操作 E / R1

 ソンブラ トランスロケーター タイプ  投擲
効果時間  15 秒
 クールダウン  6 秒

ビーコンを投擲し、15秒間の間に再度使用すると即座にビーコンの位置へテレポートすることができる。

  • ビーコンは破壊されない。
  • テレポートした後にクールダウンが発生
  • 投擲中のビーコンはD.VAのディフェンスマトリックスで無効化される。
  • 空中に投げてる最中でもテレポート可能

 EMP

敵/自ボイス:「」

味方ボイス:「」

操作 Q / △

ソンブラ EMP タイプ  [複]ハッキング
 効果時間 アビリティ: 6 秒
HP/ULTバー: 30 秒
ライフパック: 60 秒
タレット: 10 秒
効果範囲  10 m [半径]

ソンブラを中心に防御不可の電磁エネルギーを放出し、敵のバリアとシールドを破壊した後、ハッキング。

ハッキングした敵はアビリティが使用不可になる。

各ヒーローのULTに対してEMPの影響

覚えることが多くて混乱するかもしれませんが

広範囲にシールド、バリアを破壊と0ダメージの0秒スタンを放出し、ハックのデバフを与える効果だと思えばいいです。

o秒のスタンと聞いて?マークが頭上にあらわれる人は、0.00000001秒のスタンだと思ってください。

o秒のスタンなのでファラやマクリーのULTはキャンセルされますが、ゲンジやウィンストンはアクティブのまま

0ダメージなのでRIPタイヤやテレポーターは壊されない。また、ハックのデバフ自体効かない存在。

ハックもできないパルスボムやグラビトンサージも同様。

心頭滅却中のゼニヤッタはそもそも無敵。(すごい!)

ただし、トールビョーンのULTで増えたアーマーは消える?(検証)

ゲンジの龍撃剣がアクティブのままなの?やだーって人もいるとは思いますが、

龍撃剣中の風切りと木の葉返しを使用不可にするだけでかなりの戦闘能力を削ることが出来るので、カウンターとしてEMPを発動するのもそこまで悪い手段ではありません。

コメント

  1. 匿名 より:

    この見た目で30歳なんか…

  2. 匿名 より:

    動画だとマクリーのULTもEMPでキャンセルされててよく分からんな

  3. 匿名 より:

    EMPはウルトのキャンセルと使用不可
    スキルのキャンセルと使用不可
    シールドの無力化(体力の青い部分)
    の3つっぽいね

    爆発するメックはキャンセルできるのかどうなのか
    キャンセルされた場合のウルトゲージは返還されるのかどうなのか
    ソルジャーは走ることすら許されないのだろうか。。。

  4. 匿名 より:

    普通のハックじゃウルトキャンセルできないの?